小路口 力恵(ガラス)

・祖父母が全盲だった事が起因し、「手で視る」という概念を作品に反映。視覚の代わりに活かされる感覚が「触覚」。この点から『やさしく、やわらかく、ここちよい』心が穏やかになる作品作りを大事にしている。作り出す作品には、素材の異なるアーティストからの支持も集める。