納冨 晋(陶芸)

茶陶をルーツとする萩焼の産地にて、「青萩(あおはぎ)」という新ジャンルを構築したパイオニア。また「青萩」とは厳密には中国より渡来した青磁に属し、その色を出すこと自体が難解かつ気位の高い焼物。彼の出現によって後に萩焼界には青い萩焼が増えたが、彼ほどの美しさを備えた青磁系青萩はいまだ生まれていない。