八田 亨(陶芸)

・薪を燃料とした穴窯(※Anagama:wood-fired kiln )で制作。日本国内において洋化したデザインが人気を博す中、武骨に東洋陶磁の古典的アプローチを追求。穴窯だからこそ出せるその渋い焼き味と、焼き味によってごまかさないボディ成型への真摯な取り組みに、日本国内のみならず海外にもファンが多い。