垣野 勝司(陶芸)

手作りの風合いが強いとどこか脆い印象を抱きがちになるが、垣野氏の器はそうではない。磁土と比べ柔らかく焼きあがる粘土でありながら堅牢で、忙しい飲食店に使用されてもなかなか欠けることは無い。しかしその意匠は決して工業製品の様な冷たさはなく優しい。